MENU

イライラする人は必見!イラっとくる根本的な原因とその対策

イライラ 原因

 

何だか昔に比べてイライラするようになった。心にゆとりが無いせいか、相手の失敗に対してイライラするようになった。

 

こんな経験を持つ人は、心が疲れている可能性があります。イライラの原因は必ず自分にあることを肝に銘じておくべきです。

 

 

イライラの原因は脳と体の2つ

 

イライラ 原因

 

イライラの原因は、心と体の2つが関係しているようです。

 

たとえば今後を左右するような大事なプレゼンを控えている前は、緊張からドキドキし、そして今後のことを考えて不安になりイライラする場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

また上司から理不尽な内容で怒られたり、周囲からひそひそ話で悪口を言われたりすると、やはりイライラしますよね。

 

このイライラの原因は、神経伝達物質が関係しています。

 

 

神経伝達物質がイライラを起こす

 

イライラ 原因

 

人は何をするにも、神経で連絡を取り合います。神経線維が興奮するという場合は、電気的な興奮をしているに値します。

 

また神経と神経をつなぐ間は神経伝達物質というものを放出することによって、連絡を取り合っているんですね。

 

スポンサーリンク

 

興奮したり緊張すると、神経が興奮した状態になるので神経伝達物質が大量に放出されて、より円滑な連絡を取り合おうとします。

 

ですが、それを長時間続けると伝達物質が枯れてしまい、生産が追いつかなくなります。

 

 

神経の苦痛が表面化してイライラする

 

プレゼンの発表前に神経はものすごい勢いで興奮し、苦痛を感じます。

 

苦痛は自身の生命を脅かすものなので、それを防ぐために神経伝達を行って処理をしてくれているのですが、その処理には限界があるので、限界を超えると態度に出たりと表面化してきます。

 

表面化するということは、体が「もうイライラを抑えられないから、どうにかして」とSOSを出している状態を意味しているのです。

 

これが脳が関係しているイライラです。

 

 

体に関係したイライラの原因

 

イライラ 原因

 

体に関するイライラの原因は単純で、たとえば筋肉痛なのに無理やり体を動かそうとすれば、あちこちが痛むので少しイライラしたりします。

 

また、サッカーボールが不意に歩いていた自分に当たったら、イライラしますよね。

 

これらは体が刺激を受けるために発生するもので、ここでも神経が大きく関係をしているのですが、体が刺激を受けた際に発生するイライラもひとつ原因としてあります。

 

 

イライラとストレスの解消方法は同じ

 

イライラ 原因

 

さてイライラの原因は神経が興奮し、それを体が抑えられなくなったら表面化することが分かりました。では、それを沈めるにはどうする必要があるのでしょうか?

 

イライラはストレスを感じたと思われる人もいるかもしれません。近い領域で脳が処理をしているので、イライラもストレスも同じように感じると言われていますね。

 

そのため、ストレスを解消するという方法を用いると、イライラは自然と収まると考えられます。できれば好きな音楽を聴いたり、アロマを使って香りを楽しんだりしましょう。

 

音やニオイは、脳に直接影響を与え、神経を安らげてくれるのでイライラを解消するのに大きな効果が期待できますよ。

 

 

イライラの原因は、神経にあったんですね。神経の興奮や緊張を解消するには、脳に直接影響を与える音楽やニオイが効果的なようですから、最近些細なことでイライラする人は試してみてはいかがでしょうか?