MENU

ストレス耐性を強化!いつもよりも10倍楽しく生活する方法

ストレス 耐性

 

現代はストレス社会と言われており、何かしらストレスを抱えてしまいます。しかし、そんな中でもストレスをあまり感じない耐性を持っている人がいるのも事実。

 

ストレスの耐性はどうすれば身に付くのでしょうか?

 

 

ストレス耐性とは

 

ストレス 耐性

 

ストレス耐性とは、ストレスに対して自身がどれだけタフなのかを示したものです。

 

この耐性があればあるほど、他の人にはストレスと感じるものも、そこまで深刻に考えないで済みます。

 

スポンサーリンク

 

そして日常生活において、自分に降りかかってくる問題をきちんと整理して対応ができるかどうかの能力を表しています。

 

このようなストレス耐性は、実は日常生活を少し気をつけるだけで、誰でも身に付けることは可能なのだそう。

 

 

耐性を自分で鍛えるのは難しい

 

ストレス 耐性

 

ストレス耐性は、自分で鍛えようと思っても強くなるものではありません。むしろ鍛えれば鍛えるほど弱くなると言われています。

 

この相反する考えをどのようにして自分自身が吸収するのかは、大きな問題でありしっかりと考えておかなければいけません。

 

スポンサーリンク

 

ストレスを感じやすい人の特徴は、「ネガティブ」な感情を持ちやすいという傾向にあります。そしてひとつのことに対して時間をかけて、粘り強く取り組む人はストレスを抱えやすいのです。

 

そしてストレスをあまり感じない人は、まったく正反対で常に「ポジティブ」な人同士で繋がっていて、あきらめが良く、前向きに生きることができる人と言えます。

 

実際に周りにそんな人っていますよね。そうした人はどこかいつも明るい感じに見えたりするものです。

 

 

セロトニンがストレスを解消してくれる

 

この違いをひっくり返していくのは、かなり大変だと思うかもしれませんが、「セロトニン」を分泌する時間を作るだけで、ストレスに対する耐性はかなり強くなることが分かっています。

 

セロトニンは、たんぱく質のトリプトファンを原料として生成される伝達物質です。このセロトニンを分泌が促されると、睡眠の質が高まり心身ともに落ち着いてくるようになります。

 

ストレスに耐性が無い人は、このセロトニンの分泌を常に促すことが求められるでしょう。

 

 

エネルギーが豊富な体はストレスに強い

 

ストレス 耐性

 

セロトニンを分泌するには、たんぱく質食品(特に納豆)を食べて、朝は30分早く起きてボーっとする時間を作ります。

 

この2つを生活に取り入れるだけで、ストレスへの感じ方がかなり変わってくると言われています。決して難しい話ではありませんよね?

 

さらにビタミン、カルシウム、マグネシウム、亜鉛もストレスに効果的な栄養素です。これから分かるように、エネルギーのある体は、ストレスに強いのです。

 

 

ストレス耐性を強化するには、考え方を変えること

 

ストレス 耐性

 

考え方を変えるだけでも、ストレスの耐性を上げられます。同じ出来事が起こっても、そこでストレスを強く感じるか、あまり感じないかは捉え方に大きな違いがある証拠です。

 

人を責めることは、オウム返しのように自分もストレスを感じます。失敗を責めるのではなくて、チャレンジしたことをほめてあげる。こうした行動を少しずつ行っていくと、ストレスに強いくなれるでしょう。

 

 

ストレスに耐性が無い人は多いものです。しかし、日常生活に少し工夫を加えるだけで、かなりの変化が期待できます!しっかりと対応をしていきたいものですね。