MENU

もう我慢しなくてOK!ストレスの過食は体のSOSだった!?

ストレス 過食

 

深夜まで続いた残業が終わったけど中々寝付けずに、気付いたらスナック菓子を3袋も食べていた。こんな経験を持つのは女性に多いと言われていますね。

 

ストレスで過食に走るのは、何が原因なのでしょうか?そしてどんな対策が効果的なのかも気になるところですね。

 

 

ストレスで食べ過ぎてしまうのは普通のこと

 

ストレス 過食

 

ストレスと過食は切っても切れない関係にあると言われています。ついつい食べ過ぎてしまうので、自分は「過食症」ではないかと思う人もいますが、ほとんどの場合問題は無いとされています。

 

女子大生の6割に過食経験があると答えるほど、女性にとって過食は一般的な行為。であれば、特に気にする必要はまったくないんですね。

 

スポンサーリンク

 

過食はストレスを解消する行為であるのと同時に、心に栄養を与えるという意味もあるとされています。ストレスで心が疲弊していると、体は栄養を求めます。

 

「過食に走るのは、体が求めているから」と思えれば、気持ちは楽になりますね。

 

 

過食への罪悪感を持ってはいけない

 

ストレス 過食

 

ストレスにおける過食は、特に心配するものではありません。一番の問題は食べてしまうことに罪悪感を抱いてしまう傾向があるという点です。

 

このようになると、食欲が押さえ込まれて満足感が得られず、それが原因でまたストレスを抱えてその反動でさらに食べるという悪循環に巻き込まれます。

 

食べるという行為が「悪」だと思わないという気持ちの切り替えが重要です。

 

 

食べ過ぎの原因は、体のSOSサイン!?

 

ストレス 過食

 

そもそも、ストレスにおける過食はひとつの結果にしか過ぎず、本来は体がSOSのサインを出しているとも考えられます。食べ過ぎるというのは、ひとつに体が栄養を求めていることを意味します。

 

太ったシマウマはいないと言われるように、動物は体が求める以上を摂取しないように出来ています。

 

スポンサーリンク

 

人間は本能を知能が支配するようになったので、動物との単純な比較はできませんが、本来であれば体が必要と判断しなければ、食欲や欲求は沸きおこらないのです。

 

ストレスで過食に走る人は、心が栄養不足に陥っている可能性が高いです。

 

体重増加を常に気にして、カロリーや糖分に気を使い、食べたいという欲を押さえている人や、体にいいという情報だけで食べ物を選んでいる人が過食に走りがちになります。

 

 

過食を改善したいなら

 

ストレス 過食

 

ストレスを感じても過食を控えたいならば、食べる自分を責めてはいけません。そして本当に食べたいと感じているものを食べ、五感をフルに使って満足度を高める食事を心がけましょう。

 

ストレスで過食に走るということは、日常的に栄養が不足している場合が多いと言えます。まずは食べている自分を責めないでおきましょう。そして本当に欲しているものに制限をかけないで、「本能」のままに食べたいものを食べます。

 

さらに、目で味わって香りを楽しむなど五感をフルに活用して食事をします。すると、同じ寮を食べていても満足感が違ってくるので食べすぎを防げるとのこと。

 

 

ストレスによる過食は一般的に見られるので、特に気にする必要はありません。問題は自分で自分を押さえつけてしまう行為にあります。

 

過食は心が栄養不足に陥っていると認識し、改善方法をそこから模索するように心がけましょう。