MENU

ストレスは病気の根源!生活改善と発散法を知って対策しよう

ストレス 病気

 

残業続きで寝不足状態。緊張する会議の連続で、気持ちが安らがない。試験が近くて胃がキリキリする・・・。

 

現代社会は、何かとストレスを感じやすいものです。ある程度のストレスは、やる気を上げるなどの効果があるので必要だと言われていますが、過度にかかりすぎると違う病気を誘発する恐れがあると言われています。

 

 

病気の根源といわれるストレス

 

ストレス 病気

 

ストレスがどんな病気と密接に関係しているのか、それすらはっきりとは分かっていません。

 

身体的にそして精神的に影響を与えることだけは確かだとされていますが、具体的に関係している病気が特定されているわけではないのです。

 

しかしながら、長年の治療実績や診断の判断からある程度の可能性を持って、ストレスと病気が関係しているだろうという見方がされているものもあります。

 

 

精神的な病気「うつ病」はストレスが原因?

 

ストレス 病気

 

そのうちのひとつが「うつ病」です。ストレスがかかり寝不足状態が続き、そして疲れが溜まるとどんどん気持ちが落ち込んでいきます。

 

それが激しくなるとうつ病として診断されるので、ストレスが大きく関係していると考えられます。

 

スポンサーリンク

 

うつ病は、本人が気付かないケースが多く、診断された以外にも潜在的にうつを持っている人は日本人の半数に及ぶとも言われているので、決して他人事ではありません。

 

ストレスが関係している一番怖い病気が、「うつ」なのです。

 

 

身体的な病気「胃腸の不調」も関係する

 

ストレス 病気

 

身体的な病気がストレスと関係していると考えられているのが「胃腸の不調」です。胃腸は、外部からの刺激に弱い性質を持っており、特にストレスが強くかかると胃酸が多く分泌すると考えられます。

 

消化する食物が無い状態で、胃酸が多く分泌されると胃の壁が自身が持つ酸の影響で溶けてしまい、炎症が発生します。

 

スポンサーリンク

 

すると胃がキリキリと痛み、それと同じく腸の機能も上手くいかずにゲリになってしまうのです。

 

また胃の炎症だけでなく胃に穴があく「胃潰瘍」に発展するケースもあります。こちらは暴飲暴食という原因もありますが、強い精神的ストレスも関係していると言われているのです。

 

 

ストレスは抱え込まないことが大事

 

ストレス 病気

 

精神的にも、身体的にもストレスによって病気を患うケースは多く報告されます。改善するには、なるべくストレスを抱えないで生活をするしかありません。

 

それには、自分がどんな行動をすれば気分がリフレッシュするのか、その方法を知っておくというのが一番大事です。健康的な毎日を送れば大丈夫というわけではありません。

 

もしも自分が、ストレスで体調にまで影響を及ぼしたとき、何をすれば改善できるのかを知ることこそ、健康的な毎日を送る上で大切な要素です。自分にしか分からない点ですので、しっかりと考えるようにしましょう。

 

 

ストレスが関係している病気の特徴的なタイプを今回紹介しました。もちろんこれ以外にも多く報告されてはいますが、ハッキリしているわけではありません。

 

ストレスを抱えないのが一番ですが、中々難しいですよね。そこをいかに改善させるかが、求められているのです。