MENU

蕁麻疹の原因はストレスだけじゃない!改善の鍵は毎日の生活にあった

蕁麻疹 ストレス

 

何の前兆もなく急に発生する蕁麻疹。何が引き金になっているのか、そのときの自分ですら分からないのでとても怖いですよね。

 

そんな蕁麻疹ですが、様々な原因が考えられる中でもストレスが大きな引き金になっている場合もあるので、注意が必要です。

 

 

蕁麻疹の原因は生活を見直すと分かる

 

蕁麻疹 ストレス

 

蕁麻疹が出る要因は人によって違います。

 

何が引き金になって、蕁麻疹が出るのかが分からないので対策ができない!という人も多いかもしれませんが、実は自分の生活をよく見ればそのキッカケが何だったのかを判断することは可能です。

 

スポンサーリンク

 

たとえば、前日の食事内容に問題があったかもしれません。

 

人間に近い豚肉や牛肉を摂取しても、特に蕁麻疹が発生することはありませんが、そこから遠くなるにつれて(魚肉など)、蕁麻疹になりやすいと考えられます。

 

このように、食事内容を思い出すことで「あれは食べないでおこう」という予防を、自分で確認できるようになります。

 

ところが厄介なのは、そうした思い当たる節がない時です。そんなときは、身体的、精神的なストレスがかかりすぎていないかを考えてみましょう。

 

 

身体的ストレスが原因になることも

 

蕁麻疹 ストレス

 

身体的ストレスというのは、疲れや寝不足、さらには体調不良を指します。

 

社会人や学生関係なく、その日のスケジュールによってはコンディションが万全ではない中でも、全力を出さなければいけない場合もありますよね。

 

スポンサーリンク

 

中々休めない中で、体を無理に動かしますと蕁麻疹が発生する可能性があります。

 

もちろんこれだけがすべての原因と言い切ることは出来ませんが、引き金として身体的なストレスは十分に考えられるのです。

 

 

気づきにくい精神的ストレスには注意

 

蕁麻疹 ストレス

 

精神的ストレスは、イライラしたり落ち着きが無くなったり、職場環境が悪く人間関係に苦労していたり。

 

精神的なストレスは自分で感じにくいというのがとても厄介です。元気で何も問題が無いと思っていても心は正直で、ちょっとずつストレスを抱えていき、限界に達することで蕁麻疹に繋がるというケースが考えられます。

 

気付きにくい精神的なストレスですから、予防しなきゃと思ってもできないのが大変なところです。

 

 

蕁麻疹がでたら、生活の改善が必要

 

蕁麻疹 ストレス

 

蕁麻疹とストレスの関係は、古くから言われていますが医学的につながりがあることが決定付けられてるわけではありません。蕁麻疹が出て病院に行っても、原因は「不明」とされることが多く、医師としても決定付けることができないんです。

 

そのため、蕁麻疹=ストレスと決め付けるのは良くなく、自分に毎日をしっかりと見つめなおす必要があります。それでも、現代社会はストレスを多く抱えると言われていますから、ストレスという面は排除せずに、自分で解消できるところはどんどん実行していきたいものです。