MENU

イライラが引き起こす体のSOS!ストレスと湿疹の深い関係性

湿疹 ストレス

 

生活環境や体調不良等で、皮膚炎(湿疹)が起こる人は多いですよね。実はストレスとも深く関係していると言われています。

 

ストレスで、どうして湿疹が発生するのでしょうか?

 

 

胃腸が鈍ると湿疹ができる

 

湿疹 ストレス

 

ストレスは胃腸に大きな影響を与えると言われています。

 

胃腸の働きが弱くなると、消化器官が影響を受けてしまい、食べ物を食道から腸までのそれぞれの消化器官へ移動させる臓器の収縮運動に悪影響を及ぼします。

 

スポンサーリンク

 

胃腸の動きが悪くなると、それによって肌環境が悪化して、湿疹が出ると考えられているのです。

 

肌はターンオーバーといって、常に新しい細胞が生まれていき、古い細胞は外に出ていくのですが、その動きが鈍くなると肌荒れを引き起こします。

 

 

自律神経の乱れで多汗症→湿疹の原因に

 

湿疹 ストレス

 

ストレスは自律神経である交感神経と副交感神経にかなり深いかかわりがあるとされています。

 

スポンサーリンク

 

自律神経のバランスが崩れると、手汗や足の裏における汗、そしてわきの下の汗、頭部の汗など局所的に発生する多汗症が目立ちます。

 

汗は湿疹ができる大きな要因として数えられます。

 

 

湿疹を引き起こすヒスタミンとは

 

皮膚は細菌などの外部からの侵入を防ぎ、蕁麻疹などから体を守る役目を持っています。

 

皮膚にはマスト細胞と呼ばれる、蕁麻疹の原因であるヒスタミンを蓄える細胞が存在しています。

 

ですがストレスの関係で、マスト細胞がヒスタミンを放出してしまい、蕁麻疹や湿疹を発生させるというケースがあります。

 

 

ストレスで自律神経のバランスが崩れる

 

湿疹 ストレス

 

ストレスにおける湿疹には、自律神経が大きく関係していると言われています。自律神経は日中に活動を活発にさせる交感神経と、眠ったりリラックス中に働く副交感神経とがあります。

 

どちらに傾きすぎてもダメで、両方のバランスが均等に保たれている必要がありますが、ストレスや睡眠、さらに不規則な生活あどで自律神経は簡単に狂ってしまい、様々な症状を引き起こしやすくなると考えられます。

 

 

湿疹はストレスによる様々な体の不調が表面に現れる現象だと考えられます。何に対して反応を引き起こしているのかを、しっかりと確認して予防する手立てを考えるようにしましょう。

 

湿疹は、体がストレスで疲弊しているサインとも言えます。自分の体と向き合う時間を作るチャンスかもしれませんので、一度ゆっくりと自身の体について考えてみてはいかがでしょうか。