MENU

アノ日の悩みを解決!生理中のイライラをスッキリ抑える方法

生理中 イライラ

 

生理中にいつもは感情が変化しない場面で、何故かイライラしてしまうことってありますよね。ホルモンバランスが乱れているので、仕方がない部分でもあります。

 

生理中のイライラは、どうすれば防ぐことが可能なのでしょうか?

 

 

豆乳でホルモンバランスを整えよう

 

生理中 イライラ

 

生理中のイライラの大きなポイントは、「些細な変化」でも敏感に反応してしまうという点です。いつもならば軽く受け流している場面でも、何故だかは分からないけど鋭く反応してしまい、イライラするのです。

 

生理中は生理前に比べれば元に戻っていますが、それでもホルモンバランスが乱れます。女性ホルモンが変化すると感情を抑えるチカラが鈍るので、どうしてもイライラしてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

この状態を抑えるには、いち早く乱れたホルモンバランスを整えるのが大切でしょう。それには、「豆乳」を朝と夜の2回飲むようにしましょう。

 

豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同じ働きをすると考えられており、乱れているホルモンバランスを一時的ですが調整してくれます。

 

ちょっとの期間でも調整してくれれば、それだけでイライラはだいぶ収まります。

 

 

辛い生理中は無理せず安静に

 

生理中は、腹痛や腰痛、さらには頭痛が引き起こされます。

 

そのため、生理痛がヒドい人は、朝起きるのが難しいという具合になってしまいます。その痛みから、何もできない自分にイライラしてしまうものです。

 

スポンサーリンク

 

そんなときは無理をせずに早めに寝てください。何かをするたびにネガティブな気持ちになりやすい時期ですし、体調が思わしくない場合はちょっとしたことですぐにイライラしてしまうもの。

 

大事な用事以外は何も入れずに、ゆっくりと安静すると気持ちも落ち着くでしょう。

 

 

周りに振り回されずマイペースを貫こう

 

生理中 イライラ

 

生理中は相手のペースに合わせるのがシンドいと感じる場面は多いものです。集合時間に相手が少しでも遅れただけで、イライラしてしまう時期ですから、なるべく人と接しないというのもひとつのコツです。

 

どうしても外せない用事であれば別ですが、そうでなければ人との接点をなるべく避けて、一人マイペースに過ごす時間を増やしましょう。

 

相手も不機嫌な状態で接しられたら、ちょっと気を遣わせてしまいますよね。そういった心配をさせないためにも、マイペースを保つ工夫をしておくと良いです。

 

 

鉄分が気持ち落ち着かせる

 

生理中にイライラした場合は、食べ物を工夫すると気持ちを落ち着かせることができます。それには、「鉄分」をしっかりと摂取する必要があります。

 

鉄分を多く含む食材として、レバーや牛肉、豚肉などの肉類から、カツオやあさり、煮干といった魚類、そして大豆です。

 

これら鉄分はビタミンCによって吸収が高まるとされていますので、ビタミンCを含むデザートなどを食事のひとつとして摂取してみてください。

 

 

イライラした時は、深呼吸で即リセット

 

生理中 イライラ

 

イライラすると自律神経が乱れるので、呼吸が荒くなります。呼吸が荒くなると、酸素をあまり取り込んでおらずに脳が酸欠状態になる可能性があり、それがさらにイライラを助長させる原因でもあります。

 

そこでイライラしているときは、呼吸を意識的にゆっくり行うようにしましょう。呼吸は無意識にしているので、あまり感じないかもしれませんが、イライラしているときはどうしても早くなっています。

 

7秒かけて息を吸い、8秒を使って息を吐く深呼吸を2〜3回行い呼吸を整えましょう。

 

 

生理中はホルモンバランスが乱れるので、どうしてもイライラしてしまうものです。それを解消するには、時間をかけてホルモンバランスが整うのを待つというのが、一番の方法です。

 

その状態になるまでに、イライラを解消するためにできる方法を今回紹介しましたので、参考にしてくださいね。