MENU

出産前の大難関!妊娠中のイライラを改善させる4つの方法

妊娠中 イライラ

 

妊娠中は黄体ホルモンが多く分泌するので、情緒面で不安定さが残ります。そのため、ちょっとしたミスや旦那の言動でイライラしてしまう場合も多いものです。

 

妊娠中にイライラしたら、どうやって改善をしていけばよいのでしょうか?

 

 

妊娠中はイライラしやすい

 

妊娠中 イライラ

 

妊娠中は赤ちゃんを無事にお腹の中で育てられるようにするために、黄体ホルモンが大活躍します。

 

このホルモン、通常はそこまで分泌量は多くないものですから、普段とは体調面や感情面に大きな変化をもたらすと考えられています。

 

スポンサーリンク

 

それが妊娠中に見られるイライラであり、この感情をどうやって抑えようか悩んでいる女性も多いものです。

 

まずは、妊娠中はどうしてもイライラしてしまうものだという状況を、把握しておく必要があります。自分が悪いわけでもなく、性格が変わってしまったのでもありません。

 

普段の体とは大きく異なっているので、妊娠中はイライラしやすいものと、その環境を認めてあげましょう。すると些細なことでイライラしなくなりますよ。

 

 

イライラを相談できる仲間を見つけよう

 

妊娠中 イライラ

 

妊娠中は、今後の自分に対して期待と不安が大きく入り乱れており、1日1日で感情の変化が大きいものです。

 

昨日まであんなに元気で気分も良好だったのに、今日になったら気持ちが沈んでやる気が起きない。

 

こういった気持ちの上下は頻繁に見られ、そのギャップに自分がついていけずにイライラしていまうのです。

 

スポンサーリンク

 

気分にムラがあるのも、妊娠中の特徴的な状態ですからあまり気にしてはいけません。しかし気分が落ち込んでいると、イライラがさらに募ったりするのでどうにかしたいですよね。

 

そんなときは、状況を把握している人に「相談」してみましょう。身近に実母がいれば、話を聞いてみるのもよいですし、知り合ったママ友に聞いてみるのもありでしょう。

 

とにかく相談してみると、「この状況で悩んでいるのは自分だけではないんだ」と安心できます。

 

 

音楽や香りを楽しんで妊娠期間を乗り切ろう

 

妊娠中 イライラ

 

妊娠中のイライラを解消するためには、自分の好きな音楽や香りを日常生活に取り入れる工夫をしてみましょう。音楽はできれば胎教のことを考えてクラシック音楽などが良いですね。

 

また香りはラベンダーが人をリラックスさせてくれると言われていますので、ラベンダーを取り入れてみましょう。

 

人間は耳や鼻から入る情報は、ダイレクトに脳に届きます。そのため耳や鼻からの情報に大きな影響を受けると言われています。

 

妊娠中は自分の気持ちが不安定になっていますので、その状況をまずは打開しておく必要があります。それにはリラックスできる道具が必要であり、そのための音楽や香りなのです。

 

 

気持ちを落ち着かせてイライラをシャットアウト!

 

妊娠中 イライラ

 

妊娠中は産まれた後のことを考えて、教育やら道具の準備やらでバタバタしますね。そして未来に対する期待や不安で胸が押しつぶされそうにもなります。

 

特に初子の場合は、何もかもが初めての経験になりますのでストレスも多くかかります。それがまたイライラを助長させる原因にもなっているんですね。

 

そこで、先を考えずにリラックスする「時間」を必ず作るようにしましょう。焦りや不安はイライラに繋がりやすいので、その根源を断ち切る必要があります。

 

なるべく夜は早く寝て、気持ちを落ち着かせてあげます。また映画を観たりショッピングを楽しんだりと、息抜きをする時間を日常生活に取り入れるようにしましょう。

 

 

妊娠中に生じるイライラは、ある意味では仕方がありません。そのため、イライラしている自分を責めるのではなく、どうすれば解消できるかその方向で思考を巡らせるのがコツですよ。