MENU

イラっと女子必読!排卵日のイライラを今すぐ改善する方法

排卵日 イライラ

 

月経前症候群が出てくるにはまだ早すぎる時期に、急激な眠気や頭痛、イライラが襲ってきたら、それは排卵日が大きく関係しているかもしれません。

 

排卵日とイライラにはどんな関係があるのでしょうか?

 

 

ホルモンバランスの乱れがイライラの原因

 

排卵日 イライラ

 

排卵前後は、女性の体が大きく変化する時期でもありホルモンバランスが乱れたりもします。

 

もちろん個人差があるのでまったく感じない人もいますが、敏感な人は「今日あたりが排卵日だな」と気付きます。

 

スポンサーリンク

 

女性ホルモンのバランスが崩れると、ストレスを感じやすくなるので、ちょっとした相手のミスやトラブル、言動ですぐにイライラしてしまうのです。

 

この女性ホルモンはかなり強力な存在であり、1滴で25mプールの水質を変化させてしまうほど。

 

その女性ホルモンが通常よりも変化すると、情緒不安定になりやすいので、排卵日はイライラしやすい傾向にあるのです。

 

 

排卵日を意識しすぎるのは逆効果!

 

排卵日 イライラ

 

排卵日前後は妊娠が一番しやすい日です。排卵日前後になると、女性ホルモンに含まれる黄体ホルモンが、脳の体温調整器官を刺激して、体温を少し上昇させます。

 

毎日基礎体温を測っている人は、低体温が続いた中で急にヒョコっと体温が上がるのを確認できる場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

この高温期は子宮で排卵が行われ、粘着性のあるおりものが分泌されるので、妊娠がしやすいのです。

 

妊娠がしやすいので、妊娠を期待している人は排卵日がいつごろなのかかなり気にします。そして避妊を考えて行動している人にとっても、排卵日前後は「危険日」という扱いになるので気にします。

 

つまり「排卵日」という女性にとって特別な時期は、普段よりもかなり気にしてしまうので、その分イライラしてしまうようです。

 

 

予測不能な排卵日

 

排卵日 イライラ

 

排卵日は健康的な女性であれば、大体一定周期で訪れます。そのため、生理が終わった日から計算して16日後付近が怪しいなという風に分かるのです。

 

しかしながら、排卵日や生理などは体調やストレスなどによって周期が大きくずれたりします。

 

排卵日でイライラしていると思ったら、今月はいつもよりも早く生理がきた場合、それは月経前症候群におけるイライラです。

 

女性の体はデリケートですし、生理に関してはかなり個人差があります。排卵日と月経前症候群の症状を分けるのはとても難しいと把握してください。

 

 

女性特有のイライラを解消するには?

 

排卵日 イライラ

 

このイライラは女性にとって避けては通れない道です。毎月シンドい思いをするのは、かなり大変でもありますよね。そこでイライラを解消する簡単な方法を知っておきましょう!

 

食事においては、カルシウムとビタミン群をしっかりと摂ることです。香りでストレス解消したいならば、ラベンダーのアロマを寝室に設置すると、リラックスしてすぐに眠れます。

 

軽い運動もイライラを解消するにはもってこい。激しい運動をすると、生理周期に遅れが生じる可能性もあるので、あくまでも軽い運動にとどめておくようにしてくださいね。

 

 

排卵日前後になると、女性ホルモンのバランスに乱れが生じるのでイライラしてしまう場合があります。この状態はある意味仕方がありませんので、まずはしっかりと自分のライフスタイルを見直してみましょう。