MENU

ストレス社会に打ち勝つ!イライラを抑える4つの改善策

イライラ 抑える

 

現代はストレス社会と言われていますので、イライラしてしまう場面も少なくはないでしょう。年齢や置かれている環境によって、感じるイライラの度合いや頻度は大きく変わってくるのも特徴です。

 

そんなイライラですが、抑えるにはどうすれば良いのでしょうか?

 

 

イライラの出処を見極めよう

 

イライラを抑えるには、その感情がどこから来ているのかをまずは「把握」します。そして自問自答してみると、案外すぐにイライラを抑えることができますよ。

 

相手の行動や態度にイライラしているならば、「自分は相手の態度を批判できるほど、人間的に素晴らしいのか」と自分に向けて質問をしてみるのです。そして自分自身と向き合うと、大概はイライラしなくなるものです。

 

人間は生活をしていると、どうしても自分を棚に上げて相手を批判したり、イライラしてしまいがちになります。そこを見直すだけで人生はずいぶんと楽になりますよ。

 

 

イライラを抑えるには、まず自分を褒める

 

イライラ 抑える

 

怒りという感情は、人間関係を簡単に壊します。

 

たとえ相手が悪かったとしても、自分が見せた対応次第では、イライラしたこちらが「悪者」になってしまう場合もあるので、感情をむき出しにするのも考えものです。

 

スポンサーリンク

 

怒りやすい人は、簡単に人から嫌われてしまいます。もちろん間違っていることに対して怒るのは、人として当然です。ですが、それが些細であっても激しい怒りを見せるのはNGです。

 

イライラした感情を抑えるには、それができる自分は人間的に質が高いと自賛しましょう。

 

普通なら抑えられない感情を、自分だったら抑えられる。その気持ちを持つと、ちょっとした相手の態度や行動ではイライラしなくなります。

 

無理やりにでも「自分を褒める」と、イライラの感情も収まりますよ。

 

 

アンガーマネジメントでイライラをコントロール

 

イライラ 抑える

 

欧米で浸透しているのが、「アンガーマネジメント」です。

 

イライラという感情を上手にコントロールできるように訓練をしましょうというもので、この技術を身に付ければイライラをそこまで感じなくなるようです。

 

スポンサーリンク

 

感じた怒りや苛立ちを、10段階に評価して発生した日時や出来事、そして言動などをすべて書き出します。そして「コア・ビリーフ」を書きだしてみるのです。

 

コア・ビリーフとは、〜すべきという価値観で、怒りやイライラの原因となる「べき」を知って、それを日常生活に活かせれば自然とイライラの感情をマネジメントできるのです。

 

 

カレーを食べてイライラを解消!

 

イライラ 抑える

 

今まではイライラを内面の改善で抑える方法を紹介してきました。ですが、それが出来ないからイライラしているんだという人も多いですよね。

 

そんな人は、是非食事からイライラを抑える方法を知ってもらいたいですね。イライラを抑えるもっとも知られている食べ物が「カレーライス」です。

 

カレーに含まれているスパイスは、イライラした気持ちを静めてくれる効果があると、実験で明らかになりました。朝にイライラする出来事があった場合は、お昼ご飯にカレーを食べてみましょう。

 

 

イライラを抑えるには、自分をマネジメントする必要があります。自分の感情を中々制御できない人は、人間関係を上手く保つのも難しくなりますので、どんな場面においても不利です。

 

その部分を把握して、イライラに立ち向かうようにしましょう。