ストレスの効果的な解消法12選!イライラを解放するコツ特集

ストレス 解消

 

忙しい現代社会で生活していると、大小様々なストレスから「イライラ」する状況は常に発生します。

 

仕事、子育て、学校生活、人間関係…至るところにストレスとなる原因は潜んでいるので、多くの人がイライラと闘いながらの生活を送っているんですね。

 

そんなイライラですが、ストレスを解消すれば改善が期待できるので、どうしたらストレスを解消できるか知りたいですよね?

 

ここでは、イライラの原因であるストレスを解消する12の方法について紹介していきます。

 

 

1.「睡眠時間」を十分に確保する

 

ストレス 解消

 

忙しい毎日を送っていると、質の良い睡眠を毎日確保するのは難しいです。

 

しかし、睡眠不足に陥ると自律神経が乱れるので、ストレスを余計に感じてしまい「イライラ」を募らせます。

 

そのためストレスを解消するために、「睡眠時間」を十分に確保する事は非常に効果的。

 

スポンサーリンク

イライラは病気のサイン?!イライラが起こる4つの危険な病気

 

それほど多く睡眠時間を確保できなくても、睡眠のリズムを崩さないようにすれば問題ありません。

 

「夜12時に寝て、朝7時に起きる」

 

このような習慣を徹底していくと、身体のサイクルが改善されるのでストレス解消に繋がります。

 

 

2.ストレスを感じたら「大声」を出す

 

ストレス 解消

 

職場や学校、人間関係でストレスを感じていると判断したら「大声」を出してください。

 

近くに人がいる状況で大声を出すと、迷惑になるので人がいない場所で大声を出しましょう。

 

大声を出すことで、自律神経を整える働きが期待でき、イライラを吹き飛ばしストレスの解消が期待できます。

 

歌手のライブ、サッカーや野球観戦といった自然と大声が出る場所に出かけるのも、立派なストレス発散法ですよ。

 

 

3.イライラが爆発しそうになったら「思い切り泣く」

 

ストレス 解消

 

イライラが自分の中で抑えきれないと感じたら、我慢せずに「思いっきり泣く」ことをオススメします。

 

泣くという行動は、「ストレスホルモン」として知られる「コルチゾール」を体外に出す働きがあるんですね。

 

スポンサーリンク

 

泣くと気持ちがスッキリした経験は、誰もがお持ちでしょう。

 

ストレスを解消するのに、思いっきり泣くのはとても良い効果が期待できます。

 

 

4.適度な「有酸素運動」をする

 

ストレス 解消

 

筋肉を動かすことで、「セロトニン」という物質が体内に作られます。

 

このセロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、気持ちをリラックスさせたり、穏やかな気持ちにしてくれる効果があるんですね。

 

ストレスを解消するには、体内のホルモンバランスを整える必要があるので、運動はイライラを鎮めるためにも重要です。

 

運動の強度は、少し身体を動かす程度が望ましいので、「ジョギング」などの適度な有酸素運動が効果的。

 

あまりにも激しい運動をすると、疲労が蓄積されるので余計にイライラします。

 

 

5.39℃のぬるま湯で20分ほど「入浴」する

 

ストレス 解消

 

ストレスを感じ、イライラすると自律神経が乱れるので血行不良が発生します。

 

血行不良になると、新陳代謝が不活発になるため老廃物を体外へ排出する動きが鈍くなり、余計にストレスを抱えてしまうのです。

 

そのため、ストレスを解消するために「39℃前後のぬるま湯で、20分ほど入浴」しましょう。

 

交感神経が程よく刺激され血行が促進するため、イライラをどこかに吹き飛ばしてくれます。

 

 

6.自分の好きな「香り」を嗅いでリラックスする

 

ストレス 解消

 

鼻から入った情報はすぐに脳に届くので、人体に大きな影響を与えます。

 

不快なニオイを嗅ぐと、気分が悪くなりストレスを感じますよね?

 

スポンサーリンク

ストレスで白髪になる原因とは?ストレスによる白髪の対処方法

 

そのため、ストレスを解消したいなら自分の好きな「香り」を嗅いでリラックスするのが効果的です。

 

ストレスを抱えやすいなら、自分が落ち着く香りを事前に見つけておくと、イライラを発散させるのに役立ちます。

 

 

7.旅行など「非日常的」な体験をする

 

ストレス 解消

 

多くの人が過ごす1日は、代り映えしない平凡な毎日です。

 

刺激が無く穏やかな生活は、それだけで十分魅力的ですが、当たり前に過ごす毎日がストレスを蓄積させる要因でもあります。

 

ストレスを解消するために、「非日常的」な体験を日常に交えることがオススメされているんですね。

 

たとえば、日帰り旅行を計画したり、今までとは違う場所に出かけてみたり、新しい趣味を探したり…。

 

非日常的な体験をすると、そこから多くの刺激を受けるのでイライラの解消にも繋がります。

 

 

8.イライラの原因を紙に書き出して「破り捨てる」

 

ストレス 解消

 

イライラしている原因は、人によって様々ですが覚えている事が多いでしょう。

 

その原因を、紙にとにかく書き出してください。

 

こうすることで、自分が何に対してイライラしているのか、ストレスを感じているのかを客観的に理解できます。

 

そして「書き出す」ことで満足し、ストレスの解消に繋がるんですね。

 

また、「破り捨てる」ことで、イライラしている原因を忘れようと行動で示しているため、心がスッキリするでしょう。

 

簡単にできて誰にも迷惑をかけない方法ですから、かなりオススメです。

 

 

9.太陽の光を浴びて「ビタミンD」を生成する

 

ストレス 解消

 

ストレスを感じると、体内では自律神経が乱れて「コルチゾール」と呼ばれるストレスホルモンが多く分泌されます。

 

乱れた体内の環境戻すのに、「太陽光を浴びる」という方法が効果的です。

 

太陽光を浴びると、体内で「ビタミンD」が生成され、幸せホルモン「セロトニン」の分泌が活性化されます。

 

不安やイライラといった感情を、セロトニンは抑えてくれるのでストレス解消にも役立つでしょう。

 

ちなみに「セロトニン」は、夜になると「メラトニン」に変わり快適な睡眠を促してくれます。

 

太陽光に浴びる時間は、冬季で20分、夏季で5〜10分程度で大丈夫です。

 

 

10.「栄養バランス」が整った食事を摂る

 

ストレス 解消

 

ストレスが蓄積されると、体内では「抗ストレスホルモン」が分泌されます。

 

この物質を体内で作る際に、「ビタミンB群」と「ビタミンC」を消費するんですね。

 

さらにカルシウム、マグネシウムというミネラル成分は、イライラした感情を落ち着かせる効果があります。

 

偏った食事をしていると、これら体内で重要な働きをする栄養素を、満足に摂取できません。

 

「栄養バランス」を考えた食事を摂ることにより、ストレスの解消を助けられます。

 

 

11.イライラを感じたら「ガム」を噛む

 

ストレス 解消

 

ストレスからイライラを感じたら、「ガム」を噛むようにしましょう。

 

ガムを噛むことで、あごの筋肉が伸び縮みしてリラックス効果が期待できます。

 

プロスポーツ選手がガムを噛んでいる姿を、よく目にするのではないでしょうか?

 

緊張というストレスを感じている彼らは、ガムを噛むことでリラックスを得ようとしているんですね。

 

 

12.意識的に「トイレ」で用を足す

 

ストレス 解消

 

体内から何かを「排出する」という行為は、ストレスを解消させる効果があります。

 

そのため意識的にトイレに立って用を足すことが、イライラを鎮めるのに役立つでしょう。

 

トイレに行っても催すものがなければ、いくら頑張っても出てきませんよね?

 

そんな時は、「うがい」をするなどして口から水分を出すことでも、同様の効果が得られます。

 

スポーツ選手が唾液を外に吐き出すシーンを目にする事が多いですが、あのように体内から体外へ「排出」するとリラックスできるのです。

 

 

まとめ

 

ストレス 解消

 

ここでは、イライラの原因であるストレスを解消する12の方法について紹介していきました。

 

この社会で生きていく間、イライラすることは仕方ありません。

 

そのため、ストレスを抱えすぎずに解消する事に注意を向け、身体が悲鳴をあげるまえに対処していく必要があります。

 

ここで紹介した対処法を参考にしながら、ストレスを軽減させましょう!

 

 


他にこんな記事も読まれています

ストレスを一瞬にしてクリアにする4つの解消法をご紹介!

ストレス 解消 仕事や学校における会議や試験など、世代や年齢関係なくストレスは誰にでも感じるものです。 現代はストレス社会とも言われていますが、その言葉に納得する人も多いでしょう。 しかしストレスが溜まると体調不良を引き起こすなど、決して良い影響を…

≫続きを読む

 



ストレス耐性を強化するために!いつもより10倍楽しく生活する方法

ストレス 解消 現代はストレス社会と言われており、何かしらストレスを抱えてしまいます。 しかし、そんな中でもストレスをあまり感じない耐性を持っている人がいるのも事実。 ストレスの耐性はどうすれば身に付くのでしょうか? ここでは、ストレス耐性を強化するための…

≫続きを読む

 



ストレスは病気の根源?ストレスと病気の関係性を解説!

ストレス 解消 残業続きで寝不足状態。 緊張する会議の連続で、気持ちが安らがない。 試験が近くて胃がキリキリする…。 現代社会は、何かとストレスを感じやすいものです。 ある程度のストレスは、やる気を上げるなどの効果があるので…

≫続きを読む

 



ストレスの発散方法4選!ストレスを感じたら今すぐ実践しよう!

ストレス 解消 現代はストレス社会と呼ばれていますね。 職場や学校などで、何かとストレスを感じることでしょう。 特に日本人はストレスを抱えやすいと言われており、4人に1人は何かしらの睡眠障害を持っているとも言われます。 そんな現代において、ストレスの発散方法を…

≫続きを読む

 



ストレスで白髪になる原因とは?ストレスによる白髪の対処方法

ストレス 解消 ある程度のストレスは生きる上で欠かせないと言われていますが、現代社会はその許容範囲を超えるストレスを受けます。 ご存知の通り、ストレスは体に様々な不調をもたらしますが…

≫続きを読む

 



イライラしてしまう原因とは!?男女でも違う4つの原因

ストレス 解消 些細なトラブルやミスなのに、何だかイライラすることってありますよね。 社会人でも学生でも、この感情は誰にでも発生するものです。 そもそも、イライラしてしまう原因は一体何なのでしょうか? ここでは、イライラしてしまう4つの…

≫続きを読む

 



ストレス撃退法!イライラを撃退する食べ物と摂り方を解説

ストレス 解消 家庭で職場で学校で…。 イライラしてしまう場面は思いのほか日常生活に転がっていますよね。 そんなイライラを解消するのに、適した食べ物があるとネット上で騒がれていますが、果たしてどんな食べ物なので…

≫続きを読む

 



イライラを早く解消したい!ムカついた心を落ち着かせる4つの解消法

ストレス 解消 友人や恋人と意見が合わなかったり、バカにされたりするとイライラしますよね。 もしくは、店員の態度が悪かったり常識の無い行動をされたりと、イライラする場面はどこにでも存在します。 そんなイライラを解消するには、何が効果的なので…

≫続きを読む

 



職場のストレスを軽減したい!効果的な職場のストレス解消法4選

ストレス 解消 職場はストレスのたまり場なんて表現がされるぐらい、ストレスとは切っても切れない関係にあります。 あまりにもツラく、当然自身の体調を崩す場合も考えられます。 そんな職場におけるストレスですが、どうすれば…

≫続きを読む

 



イライラを抑える改善策とは?ストレス社会に打ち勝つ方法4選

ストレス 解消 現代はストレス社会と言われていますので、イライラしてしまう場面も少なくはないでしょう。 年齢や置かれている環境によって、感じるイライラの度合いや頻度は大きく変わってくるのも特徴です。 そんなイライラですが、抑えるためにはどうすれば…

≫続きを読む

 



禁煙のイライラを抑えたい!禁煙成功率が格段にアップする2つのコツ

ストレス 解消 タバコを吸う人にとっては、様々な場所で「分煙」が進められてるので過ごしにくくなっていますよね。 そこで禁煙を実行しようとしても、なかなか上手くはいきません。 禁煙をするとイライラしてしまいますが、何故イライラし…

≫続きを読む

 



イライラに効果的な薬とは?イライラを止めたい時に役立つ4つの薬

ストレス 解消 些細な理由でイライラするときってありますよね。 特に理由がなくても、何だか気分が落ち着かなかったり、情緒不安定な時期もあるでしょう。 そんなイライラに対して効果的な薬というものが市販…

≫続きを読む

 



イライラをスッキリ解消!今すぐできる4つのイライラ発散方法

ストレス 解消 上司や先輩に理不尽なことで怒られたり、部下や後輩が何度注意しても、いつも失敗する。 そんなときって、どうしてもイライラしてしまものですよね。 そもそも、イライラという感情は完全に消せないのでしょうか? そして、そんなイライラはどうすれば解消できる…

≫続きを読む

 



イライラするのは病気の兆候?!イライラする人が注意すべき病気

ストレス 解消 物事が自分の思い通りに進まないと、イライラする人も多いでしょう。 これは特に異常ではなく、人間が持っている感情表現の方法ですから、心配する必要はありません。 怖いのは、特に理由がないのにイライラするとい…

≫続きを読む

 



カルシウム不足とイライラの関係とは?イライラを抑える方法を解説

ストレス 解消 「何だかイライラするから、カルシウムでも摂るか!」と、何も考えずに口から出てきますよね。 カルシウムが足りないとイライラするというのが、さも当然のような口ぶりです。 しかし、カルシウムとイライラはまったく関係ないということも…

≫続きを読む